スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

遥かなるケンブリッジ

2008/08/18 01:29


私は、小説もエッセイもあんまり読まないんだけど
博士の愛した数式を読んで以来、数学者という謎の
職業にちょっと興味があったのです。

イギリスに友人が住んでいるので、
イギリスという国にも、かなり興味津津です。

数学者の日常を、とっても興味深く読むことができます。
その中に、イギリス人のいろんな面が多角的に見えてきます。

おそらく、これがすべてではないと思いつつ~
イギリスが立体的に見えてくる感じです。

数学者という仕事、そして、異国での家庭・子供の話
いろいろ本当に引き込まれるように読みました。

イギリスと言えば、古典で言えばシェイクスピアを思い浮かべます。
なので、文学の国だと思ってました。ハリーポッターの国でもあるし。

でも、実はノーベル賞を持ってる学者がごろごろ
いるような国らしいです。

でも、工業は下火だし。。医学が発展してるようにも
見えません。

その辺のお国事情もでてきます。

階級があることも、人種差別的な話も
うなずけるところです。


作者が、すごく言いたかったことは
最後に、アメリカを見てイギリスを見て

いま、日本がすべきことはこういうことなんじゃないか!
ってところだと思います。

日本って言うのは、いろんな条件がそろっていて
世界をリードしていける国だと著者は語っています。

私も、そう思います。

世界を変えていけるんじゃないかと思うんです。

イギリスが世界のリーダだった時代、
そして、アメリカにバトンタッチして。

次は、やっぱり日本で♪

そして、日本が世界に与えていけるのは
平和な社会だと思うんです。

どうでしょうか?


遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)遥かなるケンブリッジ―一数学者のイギリス (新潮文庫)
(1994/06)
藤原 正彦

商品詳細を見る


ランキング

↑ぽちっっとしてぇ~

スポンサーサイト

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

アミ 3度めの約束

2008/01/16 01:58


もう一度アミがもどってくる。

愛しいビンカに会える♪


3冊目は、とってもドラマチックにいろんなものが変化していく。
ドラマ的に、一番おもしろいかも。

宇宙ロマンス♪規模のでっかい遠距離恋愛だよね。

愛は、宇宙の基本法っていうアミ
そだよね。愛っていいもんだよねって思っちゃいました。

宇宙船のお風呂もおもしろかった!

いろんな環境問題が、解決するかもってまじでおもった。

笑えるほどに、すべてがうまくいく感じも心地よく。

ふと気がつけば・・あなたのほら横にも
宇宙から来た人がいるかもしれない。

さて、地球のために
自分たちのために、
いま、できることはなんだろ。




アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)アミ 3度めの約束―愛はすべてをこえて (徳間文庫)
(2005/09)
さくら ももこ、エンリケ バリオス 他

商品詳細を見る


ランキング

↑ぽちっっとしてぇ~

テーマ : オススメの本 - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

もどってきたアミ

2008/01/16 01:51


アミが地球にもどってきた。

アミの登場シーンが、ちょっと印象的。
前回は、ほとんど出てこなかった本を書いた従兄弟と
主人公のやりとりが、面白い。

アミは、高度に進化した宇宙人だ。

でも、アミは何度も君たち地球人と
そんなに変わらないと言っている。

あまりにもレベルが違うと、伝わらないらしい。

だから、アミは仙人みたいな感じじゃない。
霞を食べて生きてるんじゃなくて、ちゃんと人間に近い。

でも、本質をわかってると~結果がこんなにも違ってくるんだって
思う。

そしたら、地球の未来も明るいかもって
希望も持てる感じがするね。

だって、ちょっとがんばるだけなんだものね。

ビンカとペドゥリートの愛も素敵。

クラトの登場が、小説を盛り上げてくれる。

神との対話に出てくる話と、アミの話は、ちょこちょこリンクする。
それを感じるのもとっても面白い。

宇宙という広い視野を得たことで、日常の枠が取れていく感じ。

ぜひ、子供に読ませたいなと思う。
当たり前の視野から、離れたところから世の中を自分を人を見るように
なって欲しいなって思うからかな。


宇宙の愛の物語♪

お勧めです。


もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)
(2005/08)
石原 彰二、エンリケ・バリオス 他

商品詳細を見る


ランキング

↑ぽちっっとしてぇ~

テーマ : **おすすめbook!!** - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

13ヵ月と13週と13日と満月の夜

2007/07/17 00:51

 なんとも素敵なデザインの表紙がずっと気になってた本。

 数年前、見つけたときには、気になりつつもなかなか買えず。
 売り切れになってしまった本。

 なぜか、先日本屋でばったりご対面!
 これは、買うしかないよなぁ。と、買いました!!

 
 しっかり厚めの本なのですが、一気に読めてしまいます。
 続きが気になって、止まらないのです。

 悪い魔女と、少女の戦いなんだけど。

 魔女=悪いもの と言うイメージにはちょっと異論があるんだけど
 それでも、おもしろい。

 いま、自分が持ってるもの全て。
 特に、お金で買えないもの。
 
 あたり前すぎて、ありがたみがわからなくなってる。
 一度、失ってみると本当に大切なものをいっぱいもってる
 そんなことに気がつくのかもしれません。

 そして、努力し、あきらめなかったら
 必ずキセキが起きる!
 
 そうだよね。人生、あきらめないことって大事だよね。

 最後は、超すっきり!!
 とっても素敵な本でした。


13ヵ月と13週と13日と満月の夜 13ヵ月と13週と13日と満月の夜
アレックス シアラー (2003/05)
求龍堂
この商品の詳細を見る


ランキング

↑魔女に会いたいと思った?カーリーに会いたいと思った?

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

ただそれだけの片想い―始まらない恋・終わらない恋

2007/03/06 02:27

 なぜか、本屋の棚で”唯川 恵 ”ばかりが目に付いた日。

 きっと何かのメッセージと思って、とりあえず一冊
 買ってみることにした。

 遠い昔にいっぱい体験した苦い記憶が
 するするとよみがえってくる感じでした。

 やっぱり、女性は恋をしてこそ輝くもの♪
 良い恋なら更に、輝くもの。
 
 別れを乗り越えて、更に輝いて
 女性はどんどんきらきらになって行くもの~

 現実離れしてない、実際にいっぱいころがってそうな
 恋の話。

 ハッピーエンドはないけれど、読んでいて
 ほろ苦く、甘く、切なく~
 あーん。長らく忘れてた感情が出てきますよ。

 ふふふ。私も女だったんだって
 思いました。

ただそれだけの片想い―始まらない恋・終わらない恋 ただそれだけの片想い―始まらない恋・終わらない恋
唯川 恵 (1999/02)
集英社

この商品の詳細を見る


ランキング


↑恋いしたい♪よね?ぽちっよっ!!

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。