スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

天使と悪魔

2006/07/31 14:38

 大人気ダヴィンチコードの著者ダン・ブラウンが、ダヴィンチ・コードよりも先に世の中に送り出したもの~♪

 お店の駐車券が欲しくて、つい3冊同時に買ってしまったんだけど、正解でした!!もう、続きが読みたくって…夜中に、眠気と戦いながら3日ほどで読んでしまいました。

 「反物質」聞いたこともない、夢の物質から物語がはじまります。主役は、ダヴィンチコードでおなじみのラングドン!相棒は、魅力的な科学者の女性…。

 展開がダヴィンチコードよりも複雑だったかな。

 推理小説というのは、それほど読まないのだけど。大抵途中で犯人がわかってしまう。トリックは解明できないんだけど、このストーリーで誰が犯人だったら一番おもしろいか?って、考えたら大抵当たる。

 でも、この天使と悪魔。おそらくこの人が犯人だろなって思って読むのだけど、理由が想像できなかった。最後まで目が離せない、どきどき感があった。

 読み終わった今でも、どきどきが続いているほど~

 日本人には、あまりなじみのない(と思う)秘密結社が出てくるものおもしろい。もし、この秘密結社の噂でも聞いていれば更に楽しめたかも。最後のそんなの絶対にありえない!って思う奇跡も~神の仕業と思えばあるのかもしれない。。

 無宗教の日本人には、もしかしたらなじみが薄いヴァチカン!でも、アメリカ人の作者がここまで言うからには、アメリカやヨーロッパにも教会から離れている人が多いんだろうな。ダヴィンチコードにも、そういう話がところどころで出てくるしね。で、作者は教会の味方か敵か!なんとなく、味方のような気がするのは何でだろなぁ~♪

 そして、犯行に至った動機・・・ここに、どうしても納得できない私です。そんなに子供を作ることが悪いのか?子供がいなかったら、社会はその時代で終わりなんだぞぉ~。そして、そこでなんで話を聞かなかった!!そしたら、もっと明るい未来が待ってたかもしれないのに!!うーんうーん。なんかいらいらする結末でした。

 犯人に、同情と言うか。。なんとも言いがたい感情を持ってしまう感じです。やっぱり、好きなのかなぁ。。もったいない!

 私の中に残った、謎。。。なんで逆探知できなかったんだろ??これが解明されてない気がする~うーん。

 最大のテーマである、科学と宗教。なかなかおもしろそうだ♪

天使と悪魔 (上) 天使と悪魔 (上)
ダン・ブラウン (2006/06/08)
角川書店

この商品の詳細を見る
天使と悪魔 (中) 天使と悪魔 (中)
ダン・ブラウン (2006/06/08)
角川書店

この商品の詳細を見る
天使と悪魔 (下) 天使と悪魔 (下)
ダン・ブラウン (2006/06/08)
角川書店

この商品の詳細を見る

スポンサーサイト

テーマ : ぐっときた本 - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

おうちカフェの作り方

2006/07/28 10:29

 おうちカフェの作り方
 
 ばりばりの手作り本です。小冊子、なんですがリボンで閉じてあります。表紙がかわいくって和み系ですね♪

 著者のこと葉さんが開催している「おうちカフェ」のまさに作り方!リスクなしで、好きなことをやってしまおうって感じです。お家をカフェにして、人を招くと言うものですが。井戸端会議とは、趣向が違います。ちゃんとコンセプトを決めて、コンセプトにそってやっていくのです。もう、それだけで井戸端会議が明るい未来へと導いてくれる実りある時間に変身するんだなぁ~

 おうちカフェに限らず、いろんなところに応用できると思いました。コンセプト!!これがあると、何にも負けない何かが生まれる。そして、他人にもわかりやすい。わかりやすいと、協力者が現れやすい…もう、好循環ですよね。

 こと葉さんには、「感じるカラダ」でめぐり合いました。そして、ぶろぐにお邪魔するようになります。そのブログには、「おうちカフェ」と書いてあるじゃないですか!カフェ?私もいけるの?と言う感じで、何もわからず幼い子供ふたり連れて東京まで会いに行ったのです。まさに、カフェパワー!

 「感じるカラダ」の著者と言うこと以外何も知らない私。向こうからしたら、メールで住所を確認できただけの人なのに。とてもあったかく迎えていただきました。

 おうちカフェを私が開催するかどうかは、さておき。8月にこと葉さんのレイキ練習会を我が家で開催します。これもプチおうちカフェかなって思うのでした。

感じるカラダ。 感じるカラダ。
関野 直行、矢尾 こと葉 他 (2005/06/18)
総合法令出版

この商品の詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

コーチング  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

私1人

2006/07/25 13:59

 YURAさんのおすすめで読んだ本です。

 女優大竹しのぶさんの人生を赤裸々につづったこの本。有名人なので、あのニュースのときはこんなことがあったんだぁと、思って読むと本当にどんどんのめりこんで読んでしまいます。

 この人も1人の女性として、人としていろんなことを感じ、いろんなことを思って生きているんだって当たり前のことを、感じました。

 いろんな恋の話もあったりして~♪

 そして、表現することのすばらしさも、大切さも。心温かくなる感じが伝わってきます。

 読んだ人が、いろんな視点でいろんなことを感じ取れる、そんな本だと思います。

私一人 私一人
大竹 しのぶ (2006/01)
幻冬舎

この商品の詳細を見る

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

表現  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

スピリチュアル美人

2006/07/05 12:47

 本屋で目に付いたので、買ったのですが~あの世界が100人だったらと言う有名な話を日本に紹介した女性が著者のようです。

 スピリチュアル美人!単に容姿がいいだけじゃなく、スピリチュアルな美人なんです。魂のきれいな人って感じでしょうか。文章も読みやすく、すぐにでもやっていけそうなことがいっぱい書いてあります。

 プリンセスデーとかおもしろそうです!
 この本を読んで、そろそろ財布を新調しようかなと思ったりしています。そして、部屋の整理も~思うんだけどなかなかできない!

 この本は、表紙の裏に真っ赤な2ページがあるんですが、何も書いてないんです。なんだろ?なんだろ?とっても気になります。

 この色がとってもいい赤!それも気に入っています。

スピリチュアル美人―happy and lovely rules スピリチュアル美人―happy and lovely rules
中野 裕弓 (2006/05)
ベストセラーズ

この商品の詳細を見る

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

スピリチュアル  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。