スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

自分の中から幸運があふれてくる本

2007/01/22 00:20


 魂を磨く方法なんですよ。魂を!!

 前作『自分の周りに良いことがいっぱい起こる本』を読んで。
 いいなっと思った。

 本屋で、この本を見つけたので、また買ってしまった。

 サイキックリーダーとボーカルトレーナーなど、音楽関係の仕事をされていることとが、とても魅力的に感じてしまう私。

 音楽の世界って、やっぱりちょっと関わってみたい。

 さて、本なんですが。
 
 原田さんって、ちょっと厳しいことも織り交ぜて書かれている感じがする。スピリチャル系の何でもオッケーとは、ちょっと違う。

 厳しい現実も見ながら、その中でも魂を磨けばいいことがいっぱいやってくるよって感じ。

 今を生きるってことをしっかり考えないといけない本。

 
 いつも、表紙がとっても素敵なんだよね。
 もう、この表紙だけで買ってしまう私なのでした。(中身もいいけどね)


自分の中から幸運があふれてくる本 自分の中から幸運があふれてくる本
原田 真裕美 (2006/11/02)
青春出版社

この商品の詳細を見る



ランキング

↑幸運よ~あふれてこいこいって思ったら!!思ったでしょ??ぽちっっとしてみな。

スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

スピリチュアル  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

夢を叶えるワークショップ!

2007/01/19 13:02

☆「夢を叶える人に生まれ変わる」☆
☆心と体のワークショップ☆


いよいよ、東京、広島において、満員御礼の「夢を叶える人になる」ワークショップが、大阪で開催されます!!

このワークショップでは、知らず知らずのうちに使っていたり、思ってしまっている、幸せを逃してしまっている口癖や思い癖を解消して、自ら幸せを引き寄せる体質になってしまうワークを行います。

自分の深層心理や願い事を、コラージュ作成という技巧で、目に見える形に表し、視覚に訴え、自分の深い所に繋がり、願いを叶いやすくします♪

東京、広島とも、早々に予約で満員になっておりますので、ご予約は、お早めに。

お申し込みは、こちらまで。


· 日時   4月14日
· 場所   大阪府立女性総合センター(ドーンセンター)
          〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号 
          地下鉄天満橋駅より徒歩5分
· 料金   前売り 8,000円、当日10,000円(ランチ代込みです♪)
· 定員   30名
· 持ち物  筆記用具、ハサミ、のり、理想のライフスタイル、ファッションなどが紹介されている雑誌3冊ほど          
· お支払方法  
銀行振込での前払いとなります。振込手数料は、ご負担ください。お申込み後、受付確認メールをお送りいたします。振込先等はそちらに記載されておりますので、必ず、メール到着後7日以内に銀行振込で指定口座にお支払いください。振込確認後、正式に申込み完了となります。
お振込みが確認できない場合、申込みをキャンセルさせていただく場合もありますので、ご了承ください。ご入金後のキャンセル、または欠席によるご返金はいたしかねます。ご注意ください。


講師のお2人は、こんな方たちです。

☆ウルヴォイ・彩佳さん(アーティスト、アートセラピスト)
日本とイギリスの美大で学び、帰国後に子供のための造形教室、英語講師、デザイナーとして活動。その後心理学とセラピーを学び、2004年からセラピスト活動を全国で展開中。 2006年3月「輝く女性の生き方100part2(本の泉社)」を出版

☆こと葉さん大学卒業後美術館学芸員を経て、編集権ライターに転身。現在は「自分らしく楽しく生きる」をテーマに、天職発見、夢実現、スローライフ、パートナーシップなどに関する執筆活動をするかたわら、夫とおうちカフェ「発芽*カフェ」を運営。



ランキング

↑ぽちっと忘れずにお願いします。



続きを読む »

夢実現  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

エンジェル・メッセージ

2007/01/18 20:04

 
 何気なく買ってしまった一冊なんですが。。

 私の守護天使が、導いてくれたのかもと思うほど。おもしろい本でした。

 結構なボリュームがある本で、なかなか読めないかもったのですが。すぐに読んでしまいました。

 通勤時間、とっても眠いのに~

 この本を開くと…なんか目が覚めるのです。

 目がさえて、気がつくと駅に付いてたりしました。

 頭がすっきりする感じが好きで、すぐに本を開けたくなるんです。
 
 そんな感じで、すぐに読めてしまったこの本。

 天使からのメッセージは、とてもやさしくて心温まるものです。

 私には、???ってところもあるのですが。著者がアメリカ人、基礎にある文化が違うことを考えればそれも当然ですね。

 でも、その全てを包み込めてしまいそうなオーラがこの本には存在する気がします。

 表紙がきらきらなのも、気分がきらきらする感じがしてとても良いですよね。

 天使と交信した内容が前半。天使と交信する方法が後半に書かれています。天使が、日本では観音さんだったって言うのも、なんだかとっても素敵な話。そういれば、天使と天女は似てるかも~なんて、密かに思ってしまった私です。

 スピリチュアルに、すーっと入っていける。天使のかわいい本です。

エンジェル・メッセージ―天使があなたに知ってほしいこと エンジェル・メッセージ―天使があなたに知ってほしいこと
ドリーン バーチュー (2006/11)
ベストセラーズ

この商品の詳細を見る


ランキング


↑天使と交信したいでしょ?したいでしょ?したーい!!!ぽちっ。。

スピリチュアル  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

かあちゃんに会いたい

2007/01/17 23:56

 がばいばあちゃんを読んで感動した私は。この本も買ってしまいました。本屋で目に付いたから買ったんですが、「幸せトランク」が先なんですね。 いや、順番はまぁ、いっか!

 がばいばあちゃんのおばあちゃんも素敵だったけど。このお母さんがとっても素敵!!

 感動の話なんだけど、あちこちに笑いがあふれてるのが、この本の一番すばらしいところだと思う。

 貧乏涙物語なら、いくらでもありそうだけど。貧乏な中に笑いと感動があるから読むのがやめられない。

 吉本新喜劇で、B&Bを久しぶりに見たときは、洋七って、なんだかうるさいなぁ。って思ってたけど。この本を読んだ後なら、違う感想もあるかもしれない。もしかしたら、あれから10年近くたってるし、漫才も変わってるかも。久しぶりに行きたいなって思ってしまいました!

 男はみんなマザコン!

 ほんと、そう感じる小説です。

 結婚前に、夫にマザコンの何が悪いんだ!って言われたことがある。実際には、マザコンって言うよりは、義母さんとまるで兄弟のように喧嘩する2人なんだけど。そだな、マザコンって何も悪くないよなぁ。って思った。

 あとがきに、たけしさんの言葉が載ってる。しかも、たけしが言ってたって書いてた。そっか!B&Bの方が先輩なんだなぁ。世界のたけしを呼び捨てにしてる。。と変なところに感動した。

 
 いまは、おかあちゃん大好きな息子。大きくなっても、大好きって思ってくれるだろうか?いまから作る息子や娘との時間を大事にして行きたいなって思わせてくれた一冊です。



かあちゃんに会いたい―がばいばあちゃんスペシャル かあちゃんに会いたい―がばいばあちゃんスペシャル
島田 洋七 (2007/01/06)
徳間書店

この商品の詳細を見る

ランキング

 ↑ 感動したい!!マザコンって素敵!?って思ったらぽちっ!!!

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

あなたをずっとずっとあいしてる

2007/01/03 00:48

 子供と本屋に行ったとき。

 息子が「あなたをずっとずっとあいしてるがあったよ~」と言ってます。まさか、本の題名だと思わなかった私は、さらっと聞き流していました。

 でも、しつこいぐらい息子が何度も言うのです。ずっとずっとあいしてるって。そんなにおかあちゃんが好きか??と思うほど(あほです。)

 何度も何度も息子の訴えを、わけもわからず聞き流した後。。

 「保育園の先生がな、おすすめの本やでって言ってたで。」

 と言うところで、やっと本のことだと判明!ごめん!!息子よ!

 ちょっとした反省もあって、その絵本を買いました。

 息子はとってもその本が気に入ってるようで、さっそくその夜に読んでみました。

 絵本、あなどれません!!!

 読みながら、泣いて読めなくなりそうでした。。本当に良い本です。

 感動します。

 この本を買って欲しいとがんばった、息子にも。
 紹介してくれた保育園にも、感謝です。

 親子ってなんだろ?そんなことをちょっと考える。
 ちょっと悲しくて、ちょっと温かい…素敵な絵本でした。

あなたをずっとずっとあいしてる あなたをずっとずっとあいしてる
宮西 達也 (2006/01)
ポプラ社

この商品の詳細を見る

ランキング

↑恐竜にロマンを感じたらぽちっ!

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

絵本・童話  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

博士の愛した数式

2007/01/02 12:25

 あけましておめでとうございます。 
 今年もよろしくお願いします♪新年第一弾!は、小説です。

 ちょっと前は、本屋で棚に並んでたこの本。映画にもなって盛り上がってたのだけど、記憶が80分しか持たないと言う悲劇的な物語なのだと思って見向きもしなかった私。

 会社の取締役から、「あの物語はとってもすばらしい論理的だ!!ああいう風に子供に数学を教えられたら、子供は数学好きになるだろなぁ~」

 子供に教えるなら。。その言葉に惹かれ、その日の帰りに本屋で購入しました。

 読んで見ると…なるほど素敵!!数字が、素数が愛しく感じてしまいました。数学の秩序、数字のマジック。数学とはこんなにも美しいものだったのか?

 もともと理系で、数学は好きなほうだったのですが、数字を愛しいと感じたことはなかったなぁ~

 子供との接し方は、なるほど。うんうん。こうすれば、確かに勉強好きになるよね。そう思った。なかなかできないけど、子供のプライドを尊重する感じ。

 私の中には、数々の謎を残したまま、この物語は終っていきました。

 記憶が80分しか持たない。。と言う悲劇的な状況がバックボーンにあるにもかかわらず、ほんのり温かい物語になってるのも良かったです。

 更に、著者は数学者でないのに・・・ どうしたらこんな物語を作れるのか??これが一番の疑問として残りました♪小説家の頭の中には、巨大な宇宙が存在するのかもしれません…

 ほんのり温かく、そして、数学好きになるかも。。。おすすめの一冊です。

博士の愛した数式 博士の愛した数式
小川 洋子 (2005/11/26)
新潮社

この商品の詳細を見る

ランキング

↑数学は美しい~って思ってみたいあなた!!ぽちっ♪

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。