スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

ドクター苫米地の新・福音書

2007/10/09 15:07

 
 幸せってなんだろ?

 幸せって、他人の作ったものではありませんか?
 と、問いかける1冊です。

 お金持ちだったり、頭が良かったり、事業家だったり♪

 万人に共通の?成功と言うものが世の中にあるような気がする。

 成功とは、人それぞれの価値観によって、全く違うもので
 あるはずなのに。。

 と言う問いかけからはじまる。

 
 ドクターの本は、理論的♪
 私は、この理論展開が、なぜかとっても大好き!

 でも、途中で何度もくじけそうになる 
 言葉が難しくて、あれ?これの意味なんだけ?
 と、思ってしまう。

 なので、間をあけずに一気に読みきるのが一番だ!


 で、最近良く聞くスピリチャルな話を 
 科学的に説明してくれるような気がする(ちょっと自信がない)

 
 感動したのは、時間の流れは過去から来るのではなく
 未来からやってくるのだってこと!

 物事の抽象度をあげれば、世界が見えてくるって話!!!

 日常で、ぼんやりと考えてたことを
 はっきりと理論をつけてこうだ!!
 って、言ってもらった感じです。

 宗教の話もそう。

 宗教の創始者が、戦争をする社会を目指してたはずないやん!!
 って、ずっと思ってた。
 人間が人間を評価したり、順番つけたりしようって
 言ったはずないやん!!
 民族に優劣をつけるわけないだろ!!

 そういうことから、自由な人だったから
 キリスト教や仏教を作れたんじゃないのか?

 そんなことを思ってた。

 しっかり肯定してくれる!

 資本主義も共産主義も、どこかぎこちない。

 なんかね。
 いろんなことを解決してくれる本でした。

 そして、

 全世界に作られてるカロリーは、全人類が生活できる
 最低限のカロリーを超えてる!!

 それなのに、飢えや飢餓で死んでいく人がいるのは
 おかしい!!

 もう、大賛成だ!

 なぜ、肥満が存在するのに 飢えが存在するんだ!!

 どうして、スーパーにあんなに食品が並んでいるんだ!!
 あの食品たちは、必要なのか?
 飢えてる人のところにはいかず。
 処理に困ってるごみ処理場に行くのか?


 いろんな思いが出てくる本です。

 神でさえ、完璧でないと言い切ってしまう
 
 すばらしい本ですなぁ~

ドクター苫米地の新・福音書――禁断の自己改造プログラム ドクター苫米地の新・福音書――禁断の自己改造プログラム
苫米地 英人 (2007/07/24)
講談社

この商品の詳細を見る


ランキング

↑ぽちっっとしてぇ~
スポンサーサイト

テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

スピリチュアル  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。