スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

もどってきたアミ

2008/01/16 01:51


アミが地球にもどってきた。

アミの登場シーンが、ちょっと印象的。
前回は、ほとんど出てこなかった本を書いた従兄弟と
主人公のやりとりが、面白い。

アミは、高度に進化した宇宙人だ。

でも、アミは何度も君たち地球人と
そんなに変わらないと言っている。

あまりにもレベルが違うと、伝わらないらしい。

だから、アミは仙人みたいな感じじゃない。
霞を食べて生きてるんじゃなくて、ちゃんと人間に近い。

でも、本質をわかってると~結果がこんなにも違ってくるんだって
思う。

そしたら、地球の未来も明るいかもって
希望も持てる感じがするね。

だって、ちょっとがんばるだけなんだものね。

ビンカとペドゥリートの愛も素敵。

クラトの登場が、小説を盛り上げてくれる。

神との対話に出てくる話と、アミの話は、ちょこちょこリンクする。
それを感じるのもとっても面白い。

宇宙という広い視野を得たことで、日常の枠が取れていく感じ。

ぜひ、子供に読ませたいなと思う。
当たり前の視野から、離れたところから世の中を自分を人を見るように
なって欲しいなって思うからかな。


宇宙の愛の物語♪

お勧めです。


もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)もどってきたアミ―小さな宇宙人 (徳間文庫)
(2005/08)
石原 彰二、エンリケ・バリオス 他

商品詳細を見る


ランキング

↑ぽちっっとしてぇ~
スポンサーサイト

テーマ : **おすすめbook!!** - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。