スポンサーサイト

--/--/-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告

東京タワー

2007/02/28 02:24

 
 今月の初めに東京タワーに行った。

 本屋に、並んでる東京タワーという小説を読んでみようと思った。
 ちょうど、会社で黒木瞳の話をしてたところだったので

 この小説にした。


 小説は久しぶり♪

 アマゾンでの評価は、厳しいものが多かった。
 あまり期待せずに、読み始めたのだけど。

 はまってしまってた。

 
 おじさんと少女ではなく、おばさんと若者なのだ。
 ちょい、官能的な描写も多く、どきっとした。

 数ヶ月前、36歳の女性と結婚しますと言う19歳の男の子に出会った。
 良く似たパターン。親子ほどの年の差で、恋愛が成り立つのか?
 彼を知らなかったら「ありえない!」って思ってただろうなぁ。

 人生長いし、それぐらいのハプニングがあってもいいのかも。
 若いこと付き合うって、どんな感じなんだろ?

 登場してくる女性達と、年齢も近く。
 大妄想してしまった小説でした♪

 黒木瞳なら♪大歓迎♪
 リアルな若者達が言う。

 そう言われるぐらい、いつまでもキレイでいたいなと
 思った私です。


東京タワー 東京タワー
江國 香織 (2006/02)
新潮社

この商品の詳細を見る

ランキング

↑ ぽちっ。ぽちっ。ぽちっよ~
スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : 本・雑誌

小説  | コメント : 0  | トラックバック : 0 |

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。